Blog

【基礎工事】現場状況

今回は久しぶりの現場状況をお伝えします

S様の現場。基礎工事がどんどん進んでいました!

前回、現場状況記事でお伝えした型枠に、基礎のコンクリートを打設しました。

二人がかりで型枠に差し込んでいます。一人はコンクリートの打設、

型枠に乗っている方は、「バイブレータ」といってコンクリートに振動をかける機材を使っています。

生コンに振動を与えて不要な空気を除去し、骨材が均等に分布したコンクリートを打っています

こちらの施工では固めたコンクリートの基礎は、「布基礎」といって、逆Tの字のような形の基礎になっています。

z

Tの字に作られた土台部分に土地の土を戻して安定させて、基礎の立ち上がりです。

基礎の上部にアンカーボルトが埋め込まれています。

こちらは、これから家の土台を基礎に乗せ、接合する際に用いられます。

B様の現場ではいよいよ足場を組み、基礎の上に建物の構造材を組み立てていっています。

基礎の上に乗っているのが土台です。

土台の据付けから柱、梁を棟上げしていくこの過程を「建て方」と呼びます

着々と形が出来上がり、いよいよ家に対する実感が湧いてくる頃です!

 

雪が降り、一気に冬の訪れを感じるこの頃

現場に出向いて頂いている関係者の方には頭が下がる思いです。

皆様も、風邪などひかれぬようお気を付けください!

 

hasegawa